スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!厳

突然のさよならから早いもので、2週間になります。

厳は本当に小さい頃から体が弱く、ここまで一緒に過ごせるとは思っていませんでしたが、
人間って贅沢なもので、10年一緒に過ごせればいいといつも思っていても、いざさよならしてしまうと、
もっともっと一緒にいたかったと思ってしまうものです。

一昨年の10月に倒れたときから今までと違う生活パターンになりましたが、
それなりにその都度、おまけの犬生と思い厳に合わせて家族で楽しく過ごしてきました。
11月には最後のフィラリアのお薬をもらい、これまた最後まで無事に飲みきることができました。
お薬

あんなに大好きだったフードをあまり食べたがらず、ふやかして軟らかくしてあげたり、
おやつを多めにあげたりと、臨機応変にやっていたのが、
自分からカリカリフードを食べ始め、体重も増え元気が増してきていました。

12月に入ってから、食事をした後軽く戻すことが何度かあり、ただ元々ゲップを上手に
できる子ではなかったので、赤ちゃんのように食事の後は抱っこしてゲップを出してあげたりしていたので
気にしていませんでしたが、あまりにも頻繁に戻すので、病院へ
年齢のことを考えあまり厳が嫌がるような検査を最初にせずに、まずは胃酸を抑え、吐き気止めを処方された。
しかし・・・・一向に良くなることはなく、気持ちが悪いのか、夜中はほとんど眠れない状態で
また、病院へ。
今度は血液検査。ちょっと可哀想だけど我慢。
結果はどこも悪いところがないので、消化を助けるフードを食べ、胃薬と吐き気止めのお薬を処方してもらう。
落ち着いたような、良くなっていないような感じで、食欲はあり、消化もしているのに、ただ気持ちが悪くもどす。
このもどす時がとても辛そうでこれがとてもみていても、辛くかわいそうになる。
しかし、あまりこれといった感じで良くなっていないので、今度はレントゲンを撮ってみることに。
結果、心臓・肺・胃は特に異常なくただ、器官に突起物のような物ができていてそれが原因で
戻してしまうようで、これは老化現象のようで特に治療がなく、部屋を乾燥させない後は安静にしている
これくらいで、体力が落ちないように点滴をしながらこれから厳との生活を迎えました。
普段はとても食欲があり散歩もしてくれて、ただ夜中になると戻してしまうその繰り返しの
毎日で、今回年末にいつものように実家に帰るのを悩みました。
でも私の中で元気で実家にいけるのは最後かな?って思っていたので体調がよければ
連れて行こうと思い出発前日まで悩みました。
実家に帰る前日診察していただいたときは、とても元気で食欲もあり念のため点滴もしていただき
獣医さんの許可も出たので出かけました。
中旬くらいからお座りをしても少しからだが傾くことがあったのでみていただいたら、
後ろ足の筋肉の衰えがとても早く、スムーズに歩くまで結構時間がかかりましたが
散歩は自分から進んで行っていたので、ゆっくりではありますが厳なりに頑張っていたようです。
それからは年末まで本当に普通の生活をしていました。
ただ自分でお水を飲むと、空気を一緒に吸い込んでしまいすぐ戻してしまうので、
倒れたときに使っていた水のみであげていました。
大晦日、あまり胃に負担をかけないように缶詰のドックフードを食べていましたが
特別にと皆と一緒に米沢牛を美味しくいただき無事年を越しました。
元旦の朝朝食が終わった頃急に痙攣をし、慌てて獣医さんに電話。
持っていったお薬を処方し様子をみることに・・・・・
本当はその日に東京に帰ろうと思いましたが、その状態で長旅は
可哀想だということで、様子をみながら2日に帰ることに。
午後から痙攣が何度かあり使えるだけの薬も使い、少し落ち着いていましたが
全く物は食べず自力で立つ事もままならず、家族で交代で厳を抱いていました。
夜になると痙攣は軽い感じになりましたが、間隔が短くなり、遅くまで家族と過ごしましたが、
お休みをすることに、しかし痙攣の回数が増え頑張りましたが2日3時10分
パパさんが抱っこしていて眠ってくれたので、お布団に寝せようと思い
偶然にも二人で抱きかかえている時に静かに息を引き取りました。
そのときは悲しいと言うより、ただ一言厳を抱きしめ16年間ありがとう。
本当に楽しい毎日だったよと言えた事は、先に旅立つ厳には安心したことじゃないかと思います。
朝食のときは家族と一緒に過ごし、いつもの指定席でパパと3人自宅に帰ってきました。

メッセージ2

自宅に帰ってから、これからのことを考えました。
人間と違いいろいろなお別れ方があるので、我が家は火葬だけしていただき
お骨は家に置くことに。
先に虹の橋を渡った子のママから、教えていただいた火葬場でやっていただくことに。
そこに決めた理由は、元々ワンコを飼っていらして、火葬していただいたときにとても嫌な思いを
されたので、ご自分ではじめられたところで、スタッフさんは全て女性でとても丁寧に扱ってくれて
よかったです。金額も良心的で納得のいく金額でした。
3日まではお休みで4日を予約したのですが、年末になくなるワンちゃんは多いようで
5日になってしまいました。
お腹と背中に保冷剤を入れて、寒いお部屋で休ませて置くように言われましたが、
どうしても可哀想だったので、いつも厳がいた部屋で過ごすことに。
暖房もつけずドアも開けたままの状態で部屋の温度は大体7度~9度で私たちがコートを着たりして
過ごしました。夜はもちろん3人で川の字で過ごしました。
4日間厳と過ごしたこともあり私の中でも少し気持ちの整理ができていたのかもしれません。
厳と過ごす最後です。
2013_0105_065318-IMGP0970_convert_20130110105740.jpg
厳の大好きなお芋
2013_0105_081916-IMGP0973_convert_20130110110004.jpg
最後にいただいた毛布、体を温められなかったのでお家を出る前にかけて最後お別れです。

火葬場について本当に本当に最後のお別れです。
最後もう一度抱きしめさせてもらいました。
2013_0105_093404-IMGP0976_convert_20130105143550.jpg

2013_0105_093412-IMGP0977_convert_20130110110306.jpg

お花はママが買ってきたお花、厳が大好きだった獣医さん、ポッキー、てんてんからもらった
お花と一緒に旅立つことに。
写真はママが大好きな厳の笑顔の写真、お散歩仲間との写真、最後の旅行の時の親子3人での写真を
もたせてあげました。いつもあの笑顔で入れるように・・・・・

大好きだった洋服も着て旅立ったのできっと寒くないよね。
さよなら厳~またいつか会える日まで・・・・

2013_0105_132751-IMGP0979_convert_20130110110628.jpg

またお家に帰ってきました。
これからは厳のいない生活が始まります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

遅くなりました。

厳ちゃん、虹の橋を渡ってしまったのですね・・・
長らく、ご訪問もせずにごめんなさい。
厳ちゃん・厳ママさん
頑張りましたよね・・・
そして、16年という日々をいつも家族と一緒に過ごせたこと
厳ちゃんは、幸せだったよね!!

いつか・・・誰にでもやってくる別れ
そんな日を、今は想像は出来ませんが
厳ママさんの愛情・家族の愛情をたっぷり見させていただきました。
私も、最後の最後まで一緒に頑張りたいと思います。

これから、厳ママさんの戦いが始まるのかもしれませんね。
でも、いつか厳ちゃんに笑顔で会える日まで
厳ママさん!笑顔で頑張って下さい!!

そして、厳ちゃんとのブログを
これからも楽しみにしています。

厳ちゃん!!ありがとうね☆

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんばんは
倒れた後も 元気に過ごしていた厳ちゃん
天国に旅立たれたんですね
あまり訪問出来ませんでしたが ブログを拝見する度に
ご夫婦からとっても愛されている厳ちゃんが伝わりました
最期はお二人の腕の中で旅立たれたんですね
とっても幸せな厳ちゃんですね
遅くなりましたが 厳ちゃんのご冥福を心からお祈りいたします

No title

大変ご無沙汰していた間に。。。
今は、厳ちゃんのご冥福をお祈りすると共にお悔やみ申し上げます。

いつかは来てしまうお別れ、寂しく辛いものですね。
厳ママさんは、厳ちゃんの立派なママさんでした。
いつも巌ちゃんの事が第一で、暖かく大~きな愛情で包んでおられたと思います。
私も、最後の最期まで厳ママさんのような飼い主でありたいと願っています。

厳ちゃん、今頃はお空の上でニコニコ笑って過ごしている事でしょう。
厳ママさん、ご自分のお身体もご自愛して下さいね。



管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

厳ママ

Author:厳ママ
厳1996年9月4日生まれ 
201年1月2日虹の橋を渡り
統2013年8月25日生まれ
厳がさよならして、我が家に新しい家族統がやってきました。
これから、また新しいワンコとの生活楽しみたいと思います。

リンク
最新記事
最新コメント
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
統はいくつになったの
script*KT*
厳が人間だったら・・・
月別アーカイブ
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

いつでも傍に
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。